Top Trader Challenge 2018 Prize Presentation & Networking Session

Author (s): Grace Chan
NTU-IIC Top Trader Challenge 2018 | 19 March 2018 | LHS-TR+52

Following the closure of the annual Top Trader Challenge jointly organised by NTU-IIC and UOB Kay Hian, the competition which lasted from 12th February to 9th March revealed the top three traders with the highest-value portfolios.

 

The champion of the challenge, Samuel Wee Zan Ming, amassed a portfolio worth $2,946,948.90 from just $100,000 of virtual cash on the trading platform by UOB Kay Hian, winning himself $1,500 for his achievement. The first runner up Lim Jia Zheng Terrence built up his portfolio to $2,852,586.79 while the second runner up Lee Xuan Cheng grew his portfolio to $769,062.87.

 

Two representatives from UOB Kay Hian presented the top two winners with their prizes and commended them for their successes. One of the representatives, Siak Ling, who is Head of Business Development at UOB Kay Hian, also shared with the aspiring student investors present about his own career experience and provided advice for their career paths. As a graduate of political science, Siak Ling shared that he has been with the Ministry of Foreign Affairs, before entering Temasek Holdings, then Raffles Medical Group, and finally getting into his current role at UOB Kay Hian.

 

“Was it difficult to switch [careers and fields]? I don’t think it’s difficult to change, and in recent years it’s very easy to take up knowledge,” Siak Ling reflected on his diverse experience in multiple fields. “But what allowed me to move from one job to another and another,” he commented, “is the fundamentals, and I’m not referring to knowledge but logic, common sense, [the ability to peel] away the [redundant] and get to the crux of the matter [in work].” He further encouraged students to ‘take a step back, take a look’ and observe how processes and solutions can be derived, because answers are often much simpler than one expects.

 

Furthermore, aside from building on the fundamentals, Siak Ling also encouraged the students to ‘be open to challenges and explore new things’ and not to ‘give up the possibility [of] working in something in which you are completely untrained for’. The opportunity cost of changing jobs will get higher at a later stage of one’s career.

 

Finally, students should also have fun on campus. “This will probably be your last unburdened stage of life that you will be able to go all out without much repercussions,” said Siak Ling.

 

The presentation session ended with light refreshments. Siak Ling and his colleague Zheng Da also answered questions about the finance industry and the markets from enthusiastic student investors.

 

With this, Top Trader Challenge 2018 has officially ended. We would like to thank everyone for your participation and interest in the event. We hope this has been a wonderful experience for everyone and and look forward to your participation next year.

9 thoughts on “Top Trader Challenge 2018 Prize Presentation & Networking Session

  • We can almost all benefit from learning more about
    our self and our health and wellbeing. Several actions and animation levels can easily provide
    superb advantage to us, and we have to study more info about them.
    Your blog page has provided priceless information that is to be useful to many
    different groups and individuals, and I enjoy the posting your expertise in this
    manner. http://cannabistical.com/

  • Admiring the dedication you put into your blog and detailed
    information you offer. It’s great to come across a
    blog every once in a while that isn’t the same old rehashed
    information. Wonderful read! I’ve bookmarked your
    site and I’m adding your RSS feeds to my Google account.

  • Definitely imagine that which you stated. Your favorite justification seemed to be at the net the simplest thing to be aware of.
    I say to you, I certainly get annoyed whilst other people consider worries that they plainly don’t recognize about.
    You managed to hit the nail upon the top and also outlined out the entire thing with no need side-effects , other
    people could take a signal. Will likely be again to get
    more. Thanks

  • たくさんのコンテンツをまとめてひとつのサービスにした「Yahoo!ロコ」は、非常に多くの情報を抱える巨大なおいしい総合情報サービスとなっていだろう。
    たとえば、全く行った事のない場所へ旅行に出かける際、多くの人が「その旅行先でどんな有名な食事処があるだろう」とか、「あの有名店に行きたいけど、どうやって行けば良いんだろう」等といった疑問を抱きでしょうね。
    こういった情報を全て、ひとつのサイトで賄えるのが「Yahoo!ロコ」最大の魅力だろう。

    たとえば、北海道に旅行に行くとしましょう。
    その場合、まずトップページ下部にある地図から「北海道」を選択しでしょう。
    すると、北海道の専門ページに飛びでしょう。
    そこには、「ジャンルから探す」、「エリアから探す」、「駅から探す」、「地図から探す」の4つの項目があります。

    「ジャンルから探す」では、北海道の食べ物情報をはじめ、ショッピング情報、レジャー&エンタメ情報、また生活情報など、様々な分野の情報が紹介されていだろう。
    「エリアから探す」の場合は、北海道内の主要な市、地域名がいくつか羅列されていて、そこから絞り込む事が可能だろう。
    「駅から探す」「地図から探す」は、そのまま駅名、地図で検索ができだ。

    さらには、一週間後までのイベント情報、三日間の天気情報、注目のお店情報、キャンペーン情報など、あらゆる情報へのアクセスが、そのひとつのページから行えるような構成になっているのだ。
    グルメ情報を調べたい場合は、「ジャンルから探す」→「食べる」で、様々なパターンの検索が可能だろう。
    レストランの情報を料理情報サイトで飲食店を調べたい場合は、「アスクユー・レストランガイド」がおススメだ。
    「アスクユー・レストランガイド」は、口コミ総合サイト「バナフェス!アスクユー」の料理情報コンテンツとなっており、食べ物情報の中でも特に、レストランの情報を多く集めたサイトになっていだろう。

    「バナフェス!アスクユー」は、様々な人のレビューを集め、コミュニティの場にしており、単純なレビューサイトというだけではなく、交流の場にもなっているので、「アスクユー・レストランガイド」はグルメ情報を肴に積極的なコミュニケーションを行いたい、という人にも向いているサイトといえでしょう。

    「アスクユー・レストランガイド」の中身は、各主要都市にあるレストランをピックアップしている他、日本全国にあるレストランの情報、さらには「日本酒」「ワイン」「パン」「スイーツ」の4部門に専用の検索ページを構えている点が大きな特徴といえるでしょう。
    たとえば、「日本酒ガイド」で日本酒に関する情報を調べたい場合は、トップページ上部の「日本酒ガイド」をクリックすると、その専門の検索ページに飛びだ。
    そこでは、「日本酒・蔵元の名前で探す」「人気日本酒を探す」「産地で探す」「目的で探す」といった検索方法が用意されているので、自分の持っている情報と照らし合わせ、確実な方法を選ぶと良いでしょう。

    特に、スイーツに関する検索は、近年のスイーツブームも相まって、若い女性を中心にかなりの需要を集めているようだろう。
    「アスクユー・レストランガイド」は、「ぐるなび」や「食べログ」といったメジャーな料理情報サービスと比較すると、知名度という点では一歩劣ります。
    ただ、情報量の多さ、親切さ、使い易さといった点においては、有名な料理情報サイトと比較しても、見劣りする事はありません。

    何より大きな武器となるのは、「口コミ情報の多さ」だろう。
    掲載しているレストラン件数は約9万店。
    レビューの数も35万以上と、十分過ぎる数量となっていだ。

    そして、「アスクユー・レストランガイド」の最大の特色は、「日本酒」「ワイン」「パン」「スイーツ」の4部門に関する詳細な検索ができる点です。
    レストランに関する詳しい検索は他のおいしい情報サイトでもできだろうが、これらの食品に特化した検索となると、あまり見られません。
    そういう意味では、他のクッキング情報サイトとの差別化に成功しているサイトといえるでしょう。
    ワインやスイーツのお店を調べたいという人には、最適な情報サイトだろう。

    また、口コミサイトなので、チェーン店などの有名店以外の個人経営のお店に関する情報も数多くあり、穴場を探す上でも非常に有用なサイトだろう。
    地方に仕事に行く場合の飲食店探し等にも重宝されていだ。

    ただ、近年はかなり有名なサイトになってきている事もあり、宣伝に使用されているケースも目立つようだ。
    レビューや評価を参考にする場合には、そういった点も注意しておいた方が良いかもしれませんね。
    角川マガジンズが出版しているエリア情報誌「Walker」は、恐らく多くの人が目にした事があるでしょう。
    その地方のデートスポットや最新トレンドなどを集めた情報誌として、1990年代から刊行されている人気情報誌だ。
    そんな「Walker」が運営しているグルメ情報サイトがありだ。
    それは、「おいしいWalker」でしょう。

    この「料理Walker」は、雑誌の「Walker」のノウハウが最大限生かされており、各地方におけるグルメ情報がかなり詳細まで掲載されていだろう。
    まず、都道府県名をクリックすると、その都道府県のクッキング・レストラン情報に飛び、そのページでは様々な飲食店の情報が並びます。
    並び方は「Walkerおすすめ順」「人気順」「予算の安い順」のいずれかを選択可能だろう。

    各飲食店における情報はかなり詳細まで掲載されており、店名や住所、電話番号はもちろん、交通アクセスの方法、営業時間、休日および駐車場の有無、総席数など、事細かに載っていだ。
    さらには、平均予算を昼と夜に分けて掲載しているので、どれくらいの予算を見ておけばいいかということも一目でわかります。
    また、雑誌「Walker」内の紹介記事を掲載しているので、簡単なレビューも見られる点も魅力でしょう。

    検索方法は、そのリストから探す他、画面左の「お店を絞り込む」からも可能となっていだろう。
    「エリア」「ジャンル」「平均予算」「目的・サービス」といった項目で絞り込みが可能です。
    「おいしいWalker」の特徴は、やはり地方の情報の充実が一番のセールスポイントといえでしょう。
    「Walker」のノウハウが最大限に活用されているので、ひとつひとつのお店の情報がとても細かく、食べ物旅行に出かける人などには最適なサイトとなっていでしょう。

    また、月替わりで行われている「超割りクーポン」も、かなりの人気を集めていだろう。
    超割りクーポンは、月替わりで色んな飲食店の代金が2割?3割引になるクーポンだ。
    お目当てのお店の割引クーポンが出るまで待つもよし、割引クーポンが出たお店に行ってみるもよし。
    様々な活用法があるクーポンとなっていだろう。

    ただ、その知名度の高さとは対照的に、いくつかの問題点もありでしょう。
    まず、地方の飲食店情報が非常に充実している一方で、情報のない都道府県もあります。
    「青森」「島根」「鳥取」「徳島」の4県に関しては、専用のページが設けられておらず、全都道府県が網羅されている訳ではありません。
    これらの地域に行きたい人、住んでいる人にとっては、改善してほしい点といえるでしょう。
    また、全体の情報量は「ぐるなび」や「おいしいぴあ」と比べると、やや見劣りしてしまいます。

    「グルメWalker」は、穴場を探したい、数多くの飲食店を調べたい、という際の利用にはあまり向いていないかもしれません。
    それより、旅行やレジャーなどに出かける際に、あらかじめ食事をするお店を決めておきたい場合に、その交通アクセスや予算を調べるといった利用方法の方が有効に活用できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *